アイピルを通販して避妊する

アイピルは、女性の意思によって選択できる避妊方法です。日本では、欧米に比べると認知度が低いアフターピルの存在ですが、その歴史は古く1973年に低用量ピルが開発され、1999年にはアフターピルが欧米ではすでに認可されています。しかし日本では、2011年にようやくアフターピルが認可されており、欧米に比べ約11年の差があります。これにより、日本では低用量ピルや、アフターピルの認知度が低く、誤解から服用人数が少ないのが現状です。最近では、若い世代を中心に生理痛や生理不順を改善したいと、低用量ピルを服用する数も増えてきましたが、アフターピルの存在や効果・効能については、まだ知らない人が多いのです。

アイピルは、避妊に失敗したときに避妊効果を高めてくれるアフターピルで今は通販でも購入することができます。妊娠する時に必要な排卵ですが、排卵を抑制する効果がアイピルにはあります。アイピルを服用することで、脳が排卵の起きたときと同じ感覚になり、錯覚する作用があります。それにより実際の排卵を防ぎ、精子との接触を未然に防ぐというわけです。さらに避妊に失敗すると、精子が膣内に入り、卵子と出会うことで妊娠しますが、アイピルの服用後は、子宮内の粘液が高まり、精子の侵入を防ぐことができます。
また仮に受精してしまっても、服用後は着床を防ぐ役割を果たします。通常であれば、受精卵になった時点で着床しやすいよう体も変化し、子宮内の膜が厚くなりますが、アイピルを服用することで、それを防ごうと働きかけます。
女性にとって、妊娠・出産という過程は人生を大きく変える出来事になります。避妊に失敗した時、次の生理を待つだけでなく、避妊をしたいと選択することもできる時代です。望まない妊娠を避けるために、パートナーへ避妊の理解と自分を守るためにも、アフターピルを常備しておきましょう。

アイピルの副作用

ぬいぐるみがリラックスしている

アイピルは避妊に失敗した時に、選択できる唯一の避妊方法です。基本的に併用禁止のお薬はありませんが、医薬品に変わりないため、副作用を理解したうえで服用することをオススメします。

この記事の続きを読む

アフターピルの仕組みと種類

たくさんの薬

アフターピルには大きくわけて2種類の方法があります。現代で多く採用されている、より安全なタイプとは!?100%の避妊は存在しないからこそ、避妊効果を高める仕組みを知りましょう!

この記事の続きを読む

アイピルの服用方法

女性が薬を飲む様子

アイピルは医薬品にあたり、正しい服用方法を知る必要があります。基本的な服用方法から、気を付けたい飲み合わせや万が一の対処法をご紹介します。万が一に備えて、事前に確認しておきましょう。

この記事の続きを読む

アフターピルの購入方法

スマホとケーキ

「日本でのアフターピルの購入はどこでできますか?」産婦人科以外に購入する方法はあるのでしょうか。また病院で購入するときに考えられるメリット・デメリットも合わせて紹介しています。

この記事の続きを読む

避妊薬の種類と方法

薬でフォークとナイフ

避妊方法として、女性が自分の体を守る方法はいくつかあります。今の自分の状況に適した避妊方法はどれですか?経済面・精神面から考えて、最善の選択をしていきましょう。自分の体を守れるのは自分だけです。

この記事の続きを読む